CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< m-floの二人が揃ってゴールイン! | main | 続・眠れなかった朝 & オランダ VS チェコ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
眠れなかった朝、欧州に想いを馳せる
 ただいま朝の5時を少し過ぎて、空がすっかり明るんできた所。新聞配達のバイクの音なんかも聞こえてまいりました。もう、全っ然眠れなかったぜ今夜は!今夜はっていうか、ここ最近ずーっとなんですけどね。不眠症の気がある様Death。えぇ。で、ボケーッと眠気が来るのを待つって気分でもなくなっちゃったんで、こうしてキーボードを叩いてる訳です。何やってんだか悲しい

僕の愛する母がですね、10日間ほどイタリア旅行に行ってたんです。昨日無事に帰ってきたんですけれども、良いですなぁイタリア。イタリアというか欧州。ヨーロッパ!今ちょうど、フットボールのEuro 2004やってますからね。イタリア国内もかなり盛り上がっていたそうでございます。僕のようなフットボール中毒者にはたまらない雰囲気だった事でしょうね・・・いいなったら、いいなぁーオイ!

それはともかく、死ぬまでに一度はイタリア、スペイン、イングランドの3ヶ国に行ってみたいと思ってるんですよ。細かく言うと、イタリアはローマ、ミラノ、パルマ、カプリ島。スペインはバルセロナ、バレンシア、ラコルーニャ、マジョルカ島。イングランドはロンドンとマンチェスター。理由は単純、フットボールを見に行く為!それとイタリア、スペインの美味い物を食いまくる為。特にスペインの魚介類は超絶美味らしいので、是非とも行ってみたいものです。イタリア、パルマの生ハムやチーズも良いですな。あ、イングランドでも一応フィッシュ&チップスは食べておきたいですが冷や汗

それとですね、この日本で普通に暮らしていると「ヨーロッパ的な」文化に触れる事ってあんまり無いじゃないですか。好んでそうしない限りは。意識しないほど浸透してる外国の文化って、やっぱりほとんどがアメリカから来てる物だと思うんですよね(全然勘違いかもしれませんが)。例えば食であったり音楽であったり。それが悪いとは全く思わないですけど、アメリカよりもずっとずっと歴史が深く、各国がそれぞれ独自の文化を築いてきたヨーロッパへの興味と憧れがフットボールを通じて僕の体内にマグマの如く沸いてきた訳でございます。えぇ。

現在、欧州横断の計画と準備は全く動いておりませんが、30歳を目標に精進していこうかと思います。今決めました。寝てないので、もうヤケです。適当です。寝て起きたら忘れてるに違いありませんが、こうして公表しちまった以上は多分やったるJ!totoのCMは微妙だJ!買う気にならないJ!!

ちなみに僕のEuro 2004優勝予想はイングランド or イタリア!
| Diary-雑記 | 05:28 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 05:28 | - | - |
コメント
おはようございます。
今日は久しぶりのお休みです。
なんか野球界はえらいことになってますな。
そんな中工藤さんは勝ち星を増やしてもうすぐ名球界ですよ。巨人は嫌いだけど工藤さんは好き。頑張れ工藤さん♪でも阪神には打たれてよ(T-T)つーか今年の優勝はまたまた遠くなったね。
話変わりますが、実はボクもイタリア、スペイン行きたいのです。僕の場合は実は「建築」が本職なので建築物めぐりのたびに出たいなと。ヨーロッパの建築は美しいだけではないですから。
いつ行けるのかなぁ…(*´ρ`*)
| himopanty | 2004/06/19 8:28 AM |
いやー、どうも。
僕も大の巨人嫌いですが、桑田と工藤は好きですね。えぇ。真のプロフェッショナルかと思います。ヨーロッパの建築物ねぇ、バルセロナのサグラダ・ファミリアとローマのコロッセオは見ておきたいと思ってます。
| KAZU-HIT!! | 2004/06/19 7:02 PM |
おこんばんわ。
サグラダ・ファミリア教会はまだ完成していないというのがすごいですよね。
設計者はとっくに亡くなっているのに未だなお作られ続ける教会…
ロマンですよね(T-T)
そのロマンに一役買っている日本人がいることがまた嬉しい(T-T)

はぁ…言ってたらますます行きたくなりますな…(*´ρ`*)
| himopanty | 2004/06/19 8:03 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック