CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< CM数過剰!創刊第2号の「R25」 | main | 中華街大作戦 其之壱 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
プロ野球、前半戦終了。ベイは…
 妖怪ナベツネを中心とした妖怪オーナー達による球団合併だの1リーグ制だの吐き気がする様な怪談話はさておき、プロ野球は前半戦の日程を終了しました。早いねぇ。

我が横浜ベイスターズの順位は・・・なんと首位!の真逆!最下位!5位と大した差無いけどね。他チームのファンからすりゃ「やっぱりね」ってなぐらいの事でしょうが、同じ最下位でも去年までとは内容が違います。違うの!取れそうな試合を僅かな差で落としてしまう、という脆さはあるモノの打線は元々悪くないし、最大の懸念であったクローザーも佐々木の復帰で、むしろ強みに。問題は、その佐々木に繋ぐまでってのは一目瞭然ですね。つまり、中継ぎ。序盤は川村を中心にうまく行ってたんですが、最近はイマイチ。後半戦巻き返す為には中継ぎ陣の活躍が不可欠です。斉藤隆がカギになるかと。

そしてもう一つ、鈴木尚典の復調。かつて、2度の首位打者に輝いた程の実力者が今シーズンはレギュラーもままならない不調っぷり。内川や多村、村田といった若手の活躍でそれほど影響が無いようにも思えますが、やっぱり本来の打線の核はこの人であるべきです。復調した彼が3番に固定されれば、打線は更に厚みを増します。必ずや巻き返していただきだい。

上記の事に加え、現在ケガで離脱中の石井琢朗、内川、多村らが帰ってくれば、最下位に甘んじている様なチームでは無くなる!ハズ。あ、あと山下監督の采配ね。もっと強気に攻めて!

※関連記事
 ・横浜は借金7でセ界最下位ターン(SANSPO.COM)
| Baseball | 03:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:06 | - | - |
コメント
確かに!
去年・おととしは、序盤でダントツの最下位ムードが漂い、オールスター以降は「あ、ベイスターズってあったの?」くらい話題にのぼらない始末!
だか、今年のベイ(というかセ・リーグ)は、首位と最下位のゲーム差がそんな開いてないのでオモロイかもね!
もう今年でプロ野球は終わりでしょうし、白熱のシーズンを送ってもらいたいものです。
| kenta_rock | 2004/07/10 1:27 PM |
いやー、kenta_rock。鋭い意見をありがとう。

分かる人にしか分からない会話はさておき、今年は違うよね。ベイの奴ら。優勝は無理だろうが、3位ぐらいは充分狙えるっつーか、入って欲しい。優勝は金満ジャイアンツよかは、オレ流ドラゴンズを支持。

野球界が崩壊する前にハマスタ行っとくか。
| KAZU-HIT!! | 2004/07/10 1:44 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック