CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< iPod×iKub | main | I'm 下戸. But 飲み屋… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アジアカップ:日本 VS バーレーン
準決勝。スタメンは相変わらず変更なし・・・勝ってるチームをいじるなとは云いいますが。
ここまでアレックスと加地の両サイドは殆んど機能していない。それどころか、明らかにアレックスの裏のスペースを狙われているシーンが目につく。ならば、左に三浦淳、または右に西を入れるといった選択肢は無いのか。不安を感じつつキックオフ。

・・・案の定というか、前半の6分スローインからイキナリ失点。イージーじゃなかったけど、悔やまれる展開。その直後、玉田がポストに当てる惜しいシュートを放つ。今大会、玉田は試合を重ねる毎にフィットしてきました。最初は鈴木とのコンビに戸惑いを感じられましたが、もう大丈夫そうです。玉田に限らず、今日はサイドからの崩しもなかなか効果的に機能してる。

だからスグに追いつける…と思ってたら、前半40分、不可解な判定で遠藤が退場!遠藤はコンディションが悪かったみたいだし、イライラしてたのかもしんないが、審判がチャイナ達のブーイングにビビッた小心者だって事を分かってなくちゃいけませんでした。今大会、日本は完全にアウェーだけど、コレはあんまり。当然、逆に日本へのファールはあまり取ってくれない。前半44分、田中誠に変えて中田浩二IN。コレにより、ディフェンスは変則4バックに移行。ジーコにしちゃ適切な采配。何とか前半終了。この完全アウェーの環境で1点のビハインド、1人少ない状況はカナリ厳しい・・・しかもチャイナ達のブーイングは相変わらず凄まじい。
後半スタート。福西に変わり、小笠原IN。

ディフェンスのリスクはあるものの、人数が少ない分、中盤でキープできるポイントを作り攻撃的にいくという判断か。この采配もなかなか適切。どうした、ジーコ?そして、イキナリ後半3分、俊輔のコーナーキックから中田浩二がヘディングでゴール!同点!良い流れのまま、後半10分、玉田がドリブルから素晴らしいゴール!逆転!早い時間帯だけに安心は出来ないけど、守りが良いだけに何とかなりそうな。その後もボランチから効果的にボールが動き、日本ペース。あえて相手にボールを持たせてるような余裕すら感じる。と思ったら、後半26分またもA・フバイルのゴールで同点に!前評判どおり、彼は危険なFWだった。そのままペースアップしたバーレーンにとうとう後半40分に逆転を許す。後半41分、それを受けて、加地に変えて西IN。

時間が無い・・・やっと、ここに来て日本代表らしいプレーを見せ始めたのに…でも、ここで終わらなかった。ロスタイム、今大会で川口と並んで神がかったプレーを連発していた中澤が執念の同点ヘッド。最終ラインで鬼神の如きディフェンスをしていた中澤がこの勝負どころでナリフリ構わず最前線に…素晴らしすぎる。ホントに頭が上がりません。この究極の真剣勝負マッチ、なおかつ絶体絶命の状況の中で果敢なリスクチャレンジに挑んだ精神は本当にスゴイ。それこそが、今の日本代表にイチバン求められている事ですからね。

そして延長戦の前半3分、この試合で何度も素晴らしいプレーを見せていた玉田がカウンターからゴール!その後も苦しい展開が続いたものの、結局4-3で日本が勝利!決勝進出!

本当に、本当に、本当に、スゴイ試合だった。久々に日本A代表の試合でシビレた。
壮絶なPKの末に勝ったヨルダン戦に続き、歴史に残る様な勝利。ここにきて、ようやく日本代表に「自分達で何とかしなければならない」という自覚が見えてきたように思える。ようやくジーコの放任が功を奏してきたかに思える。決勝の相手はイランをPK戦で下した中国。場所は首都、北京。これはもうスゴイ事になりますよ!日本代表にとって、今までで体験したどのアウェーよりも過酷な状況になるんじゃないでしょうか。審判を含め、味方はほとんどいないでしょう。

しかし、逆に云えばこの逆境で日本が優勝したならば痛快極まりません。今まで、日本の優勝はムリとかうそぶいていた私ですが、撤回し謝罪します。



ゴメンナサイ。



そして、



優勝してください。




だって、ここまで来たら是が非でも優勝しかないじゃん!
勝って、クソうるさいチャイナ達を黙らしたいじゃん!

基本的にSである私ですので、日本が中国に勝つ瞬間を目の当たりにしたチャイナ達がどんな反応を見せるのか、を想像しただけでゾックゾクしちゃう訳で御座います。ええ。絶対に負けて欲しくない。日本に勝って大騒ぎするチャイナ達の顔など見たくない。決して大袈裟ではなく、彼らの行動は軽蔑に値すると思うのです。彼らなりの理由と背景があるとは云え、やり過ぎです。

海外に配信される事など分かっているハズのTVカメラに向けて嬉々としてF○ckポーズを繰り返す彼らを見て、何とも云えない寂しさと怒りを覚えたのはボクだけじゃないでしょう。日本政府も正式に抗議を検討しはじめた様ですが、ここはやはりクリーンにスカッと試合で仕返ししたい物です。日本は、そんな物には屈しないのだ、というプライドを見せて欲しい。決勝戦は7日、土曜日です。絶対に見逃せません。そして、民放独占放送しているテレ朝的に云うならば、絶対に負けられない戦いが、そこにはあります。マ!ジ!!で!!!

※関連記事(当ブログ内)
 ・アジアカップ:日本 VS ヨルダン
 ・アジアカップ:日本 VS イラン
| Soccer | 02:29 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:29 | - | - |
コメント
現地の人たちは
どうもブーイングしたくて観戦しに来ているような
そんな感覚さえ覚えますねー。

日本人は無知だけど、
彼らは少し煽りすぎのような気が…

BBSとかチェーンメールとかが結構大きいみたいだけど

それでは某川崎投票事件みたいなかんじなのだろうか…
| kuro | 2004/08/04 10:10 AM |
ほんと、興奮しちゃったーーー!
中澤サマサマ〜!!
だてにボンバヘッドじゃないねぇー。
宮本も頑張ってコース消してたYO。
玉田の2ゴール、両方ともキレてたぁー。
晩飯食べながら観てたけど、あまりにクギヅケ状態で、
全然箸が進まなかったよ。

決勝戦、ぜひ日本の意地&根性を見せてほしいな。
| 苺ちゃん | 2004/08/04 11:05 AM |
>kuroさん

ようこそ、いらっしゃいませ。
そうなんですよ、ほとんどがサッカー観にきてるんじゃ
なくて騒ぎに来てるだけっぽいんですよね。
反日教育で育ったというベースにネットというアンプが
加わった事で起こった事態だとしたら、相当に根は深い
と感じます。北京五輪は大丈夫でしょうか・・・。

>苺ちゃんさん

ようこそ、お越しくださいました!
ホント、中澤サマサマですよね。宮本とは相乗関係とい
うか、とても良いコンビになってると思います。
玉田もノッてきたし、決勝は絶対に勝って欲しいですね。
ここ2試合でクタクタなので、出きれば楽勝で(笑)あの
環境では厳しいと思いますが・・・魂の戦いです。
| KAZU-HIT!! | 2004/08/04 1:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック